FX初心者の勉強法と基礎、そして必読本

FX

誰でも最初は初心者です。
私だってそうでした。

私のFX初心者のときは、実践しながら
この言葉の意味は?これってなんのこと?など
いちいち調べたり本をめくりながらやったものですが
そんな手間を全部省けるように今日はここに記しておこうと思います。

昔の自分の為に!
(要は今の初心者のあなたに。)

勉強のコツ。全部覚えなくていいよ

 

先に勉強してから始めるタイプの人にとって
これだけの量を全部覚えろなんて、覚える前にやる気をなくすじゃないですか。

基本的には実践しながら勉強を進めるスタイルでやりつつ
(デモトレードとかもあるから)
徐々に頭にしみこんでいきますので。

専門用語などの言葉を覚えるのって、FXについて誰かから学ぶとか誰かと話すとか、意思疎通のためにしか使わないじゃないですか。
だから、言葉を覚えることはFXで稼ぐことに直結する勉強ではないんです。

だって稼ぐために必要なことは、いつポジションをとるかだから。
そしていつそれを手放すかだから。

ほんと、その単純作業なんですよね。

その単純作業にプラスして、チャートのさまざまな線の見方とかを勉強して、
「あ~本当に線を見てるとわかることあるのな~」って感じで奥深さを知るのです。
その線の見方を勉強するために、線の名前を知ったりしておくと便利なのです。

ここがFXの勉強をする中で一番つまらないパートだと思っています。

なので、本当につまらないな、挫折しそうだな、と思ったらまず実践してみることが継続のコツかもしれません。
ただ、勉強しないで裁量トレードをしても勝ち続けることはできませんけどね。

てわけなので、
今この時点で挫折しそうになった人の為にひとつここでお知らせを挟みます。

自動にすればこの問題は解決します。

投資会社でも使われているFX自動売買ソフトWAVE

安定した増え方と設定不要な簡単スタートでオススメです。

→詳しくはコチラから←

 

さて、ここからは基礎から話していくこととします。

 

初心者編。FXを知る

 

最初に注意事項を言っておくこととします。

リスクがあります。以上

簡単に想像つくとは思いますが、FXはFX専用口座にお金を入金して、そのお金を動かしてお金を増やすためにやるものです。
お金を増やすためにお金を使うのですが、その方法を間違ったり少し欲が出てもう少しもう少しと思いながらポジションを放置していたりすると口座のお金がなくなったりもします。

あなたが初心者なのであれば、最初はなくなってもいいと割り切れる金額から入金してスタートするといいでしょう。

また、デモ口座といって
実際のお金ではなくゲームのようにトレードの練習をすることもできるのでそこで試してから
本物のトレードすると操作方法なども慣れて安心して取り組むことができますよ。

 

管理人
先にリスクについてお話したのでちょっとビビってしまったかもしれませんが、
逆に夢のあることを言っちゃうと、世界の個人のお金持ちの約半数が投資で財を成しているそうですよ。
こんなことを聞くと、やらない方がリスクのようにも感じますよね。

稼ぐ仕組み

このくらいは知っている人が多いとは思いますが、
FXは為替変動を利用して差額を収益にします。
例えば、1ドル120円として10万ドルの買いポジションをとったとします。
この10万ドルは日本円に換算すると1200万円です。
その後、1ドルが121円になったときに10万ドルの買いポジションを決済売りします。
このレートでの10万ドルは日本円に換算すると1210万円となります。
同じ10万ドルでも日本円に換算してみると10万円も違います。
この例では、10万ドルを1200万円で買い、1210万円で売ったことになり、この差額が儲けです。
逆に1ドル119円になった場合、日本円に換算すると1190万円となりますので自分の思う方向と違う方に行った場合、損失が発生します。

FXを勉強するメリットは意外にも

他の投資にも多少生かせたりはしてくるんです。

やはりFXと他の投資はわけが違ったり、全く別物のように見えるのですが
中身を知ってみると、チャートの見方はFX以外にも似通ったところがあったり
投資の考え方としても似ているところや違うところがあったりで、

どんなものにしても投資を続けるのであれば、FX勉強しておいてよかったなぁと思うタイミングは来ると思いますよ。

また、脳の観点から見ても
他の投資の勉強をするときにFXという比較対象があるほうが頭に入ってきやすいんですよね。

私の周りの投資家の先輩方も、FXの勉強をするならそれに近いものから並行して勉強をしていくことを勧めています。
(株とか)

 

知っておくと無難な用語集

もちろん全部は言いません。
つまらないからです。言葉だけ覚えたって何の得にもなりませんからね。

レバッレッジ

業者に証拠金を納めた上、レバレッジ(てこの原理)をかけて自己資金の25倍まで外貨の為替変動を用いた取引ができるのが最大の特徴です。
少ない手持ち資金で大きな取引ができるのため、ハイリスク、ハイリターンな取引だと言えます。
例えば1ドル120円とすると、10万ドルの取引をするのは1200万円必要に思えます。
しかし、20倍のレバレッジを利用すれば、実際は1200万の20分の1の60万円の軍資金で勝負が可能なのです。

トレンドライン

トレンドラインは非常に便利な分析法です。
FXで稼ぐためにはトレンドの流れを把握する必要があります。
その流れはどのように見ることができるのか簡単に説明すると、
FX初心者でどうすればわからない場合はもう黙ってトレンドラインを知ることから始めるのが良いと思うくらいのものです

上昇トレンドなのか、下降トレンドなのかといった点は、トレンドラインをみることである程度わかるためそこを頼りに取引してみるのも良いかもしれません。トレンドラインで重要なのが、底値を支えるサポートラインと、上値を抑えるレジスタンスラインです。これらのラインを超える超えないがその後の流れを読む上でも重要になります。

移動平均線

トレンドライン同様に相場の流れを読むためには移動平均線を見ていく必要があります。

移動平均線とは、一定の期間内における為替の価格(終値)の平均で結んだ線を言います。
移動平均線の組み合わせは一般的には数多くありますが、よくあるのが短期戦と長期の線を2本組み合わせたり、短期の線と中期の線や長期の線の3つを組み合わせる形などが一般的です。
移動平均線は相場のトレンドを捉えやすくなります。
今の為替レートと移動平均線が大きく離れているかどうかをみるのは効果的で、売られすぎているのか買われすぎているのかなどを見ることが出来ます。

ボリンジャーバンド

FXをしなければ聞くことは一生無いでしょう。

ボリンジャーバンドは、相場における変動率を統計上の標準偏差値で表す方法をいいます。

ボリンジャーバンドはどうみるか?
ボリンジャーバンドは、相場が硬直しているようなときにバンドが狭まる事が多く価格の変動が大きな相場の際にはバンドが開く傾向があります。
ということはボリジャーバンドは狭まっているときは、大きく動く可能性を示しており、ボリジャーバンドが大きくふれたときには、エネルギーが放出しきったことを意味します。

スイングトレード

スキャルピングは短期の売買を繰り返しますが、スイングトレードは、数日間の単位で売買を行うトレード方法になります。

スイングトレードよりも長期でみるトレード方法はよくポジショントレードともいうことがあります。
またスイングトレードでは短期で売買するので、チャートを見ながら方向感をみていくことになります。
上がる方向なのか下がる方向なのか自分自身の理論でもどこかの理論でもいいので一度予想してみて、その理論がどうかを検証するのを繰り返すのが一般的な方法になります。

このとき、ロスカットにならないようにじゅうぶんに余裕をもっておくこと!

ロスカット

ロスカットは簡単に言うと緊急時の対応策です。

その緊急時というのは急な為替変動等があった場合を指し、対応策は、もっているポジションを決済することをいいます。

急な為替変動では、証拠金が全て失われる可能性も不足金が多額に発生してしまう可能性もあり注意が必要です。
その際にロスカットレベルはロスカットするタイミングを選べる場合と最初から金融機関によって決められている場合があります。

一般的には20-30%になっています。取引前には必ず確認しておきましょう。

スワップポイント

FXには2種類の稼ぎ方が存在します。

通常の為替変動による差益を得る方法と、各国通貨の金利の差益幅によって利益をえるスワップポイントという方法があります。

日本においては金利なんて1%にも満たない付属品のような形ですが、世界に目を向けると数%の金利が銀行に預けるだけで受け取れる国はたくさんあります。
その金利にレバレッジをかけてうけとることが可能なんです。
南アフリカのような国では国が発展する中で外貨を獲得しなくてはなりません。そんな国では金利が高くなる傾向があり、2008年などでは、11%もの金利を受け取ることができました。

日本では考えられない金利で稼ぐという方法を頭の片隅に入れておくのもいいと思います。

スキャルピング

スキャルピングは初心者でも取り組めるトレード手法です。基本的に1分足で勝負することが多いです。

画面にかじりついて1分足をみてトレードするのはなかなかハードですが私はこれが好きです。

また1分足だけでなくトレード前には、週の流れや1日の流れを予測するため週足チャートや日足チャートなどを確認し、方向感を養ったうえで1分足チャートに望む必要があります。
基本的に短期売買なので売買回数は1日に100回を超える人は非常に多いと思います。
エントリーしてから数秒から数十秒くらいのタイミングでの決済を繰り返すのでいいタイミングでエントリーできるかが勝負になります。
その勝負の中でも損切りは非常に重要です。損切りのタイミングを見失うとその後数日塩漬けなんてころもザラにあるので注意が必要です。

スキャルピングトレード時のルール

スキャルピングトレードには人それぞれルールを設けることが多いです。

短時間の取引を繰り返すため一定のルールのもと動く必要があるからです。
例えばよくあるのがエントリー後逆を向いていくことがあります。そんな時再度同じポジションでエントリーしてしまいますが、大抵の場合これは損失になることが多いです。

スキャルピングで怖いのが高値掴みや底値つかみです。
その場合下がったら売らない、上がった場合は買わないなどのルールが必要です。
1分足を見ていてつかれる場合は、スキャルピングは向かないのでやめるといったルールもあります。
嫌な雰囲気を察した場合瞬時に逃げるのもルールとして重要です。嫌な予感は的中することが多いですが、人は良いことを考えるとそれを信じてしまう性質があり、嫌な雰囲気でも儲かることを考えてしまいホールドの後大きな損失を出してしまうことが多いです。

1回のトレードでの損失幅を資産の数%に収めるなどの基準を設けている場合もあります。
人それぞれルールをもってトレードするのがいいですね。

スプレッド

手数料です。

よくFXの画面やFX会社のサイトを見ると買値と売値で微妙に価格が違うのをよく見るかもしれません。英語ではBidとAskといいます。

その差がある理由って気にはなるけどそういうもんだと思ってましたよね、それにFX会社が売買手数料無料のところが殆どの場合が多いですよね。それも気になっている方が多いと思います。

スプレッドとはFX会社の実施連れ数量になっています。スプレッドとはBidとAskとの差のことで、買値と売値の差がスプレッドで、その差が安ければ安いほど手数料が安いFX会社ということです。

よく低スプレッド!という売り込みがあると思います。それは手数料安いですよ!と同意なのです。

しかし安さだけに惹かれるとBブック口座であることも多く、実際に注文を流さずにやっている口座(利用者の負けを儲けとしている会社)になるので本気でやる場合はAブック口座を選びましょう。

※ちなみに最初に紹介した私が使っている自動売買ソフトで利用する口座は完全Aブックとの証明をもらっています。

 

管理人
そろそろ飽きてきたので用語集はこのへんで。
近々、初心者向けの簡単なトレード手法なんかも公開していきたいなと考えているので是非ブックマークをお忘れなく。

FX初心者の、勉強にもなる必読本

これは以前の記事でも紹介したのですが、
初心者から中級者まで読んだ方がいい本ですね。
初心者向けだなぁと思うのは、とてつもなく読みやすい作りになっているからです。
読みやすいのに勉強にもなるFX本は私の知る中ではなかなかないのでかなりのオススメです。

Amazonで買う→ https://amzn.to/2LgKeBQ

 

今回は長くなってしまいましたが
今後に公開していく実践編の基礎ということで初心者の方はこの記事内のことだけでも把握しておいていただければなと思います。
用語集とかはそんなに勉強しなくても、自分でトレードする分にはあまり必要はありません。
これからガッツリ勉強していくぞ!と思うのであれば
人の話を聞いたりするときに用語も理解しておく必要がでてくるので少しくらいは頭にいれておくといいかもですね。

外為オプションでド素人でもプロレベルに持ち上げる!動画解説