ワールドベンチャーズの被害とは。中立に話す。

ワールドベンチャーズをやっていた身として、包み隠さずお話しようと思います。

きっとこの記事を見てくれている人は「ワールドベンチャーズ」というものがなんなのか、というのはだいたいわかっているとは思いますので簡単にだけほんの少し説明してから内情を色々お伝えしていきますね。

 

ワールドベンチャーズって?

  • 一言でいうと旅行系MLM
  • パッケージツアーがお得に申し込める
  • MLMなので副業として参加する人が多い
  • 日本には未上陸だからネットのみでMLM活動ができる
  • ツアー自体は素晴らしい
  • けど日本人向けではないので現地集合に慣れない人は大変かな
  • まぁ日本ではツアーよりも副業収入目当てに参加する人のほうが多い

といったところです。

※ちなみに、さっきから何度も出てくるMLMというのは
言い換えると「マルチレベルマーケティング」とか「ネットワークビジネス」とか言われている、人を誘って会員を増やして、その紹介料を受け取れるものです。
日本での有名どころだと、「アムウェイ」とか「ニュースキン」とか、そのあたりと似たような報酬システムです。

 

参加するメリットやデメリット

費用の面や日本未上陸な点などワールドベンチャーズには人によってメリットデメリットがあるので
ここで詳しく解説します。

「被害」と言われがちな理由の一部もこの辺に隠れていたりもします。

 

費用面

まず、参加するにあたってもちろん費用がかかります。
ビジネスを始めるときに全くお金がかからないことってなかなかないように、ワールドベンチャーズでも初期費用や月会費がかかるわけです。

なので、ビジネスとして考えるのであれば
その初期費用や月会費をかけてでも、それ以上に稼げないと意味がないわけですよね。

この費用の面でも、メリットとデメリットがあります。

ワールドベンチャーズでは、会員になるときに初期費用(ときどき変わるけど約7万円)と月会費(約1万2千円)がかかります。
(このとき、月会費に関しては4人紹介をすると約1万円が免除されて2千円ほどになります。)
何もしなくても、というか何もしない人は毎月費用がかかるんですよ。
しかしその分、収入を得るために会員内で商品を流通させたりする必要がないんですね。

そのときメンバーの全員が平等な条件で月会費を支払い、平等な条件で紹介人数などに対して報酬を受け取るのでメンバーになった人に対して更にクロージングをしたり商品の良さを伝えたりする必要がありません。

たとえば、アムウェイだったとしたら
数千円の登録費用で会員になることができて、何もしなければ毎月費用がかかることはないのですが、アムウェイ商品をグループ内で流通させないと収入にもならないので自分も買って試す必要があるし、会員に勧める必要があります。
「仲間~」って言っておきながら「顧客」でもあるわけです。
(※否定はしません、商品はいいですし欲しい人が買うだけで成り立っていれば素晴らしいことです。)

 

ワールドベンチャーズは日本未上陸

最初に日本に上陸するだろうと言われていたのは2018年。
そして未だにしていない2019年7月の現在。

さすがにこれだけ遅れていると怪しまれるのも仕方がないことですが、実際に着々と準備は進んでおり(会社の人が日本に来たりもしていました)ワールドベンチャーズの正式な発表としては2020年に上陸とされています。

まぁ色々準備があるんですよ、日本の法律もありますしそれに合わせてやっていけるかとか。

日本未上陸の何がいいかって

  • これから上陸してドドっと会員数が増えるので今登録しておいたほうがいいですよ。というお誘いができる
  • 日本のものではないのでネットのみで実際に会わずにお誘いができる(日本の会社だと概要書面というものを手渡しする必要があります)
  • 実際に会うわけではないので誰が電話でクロージングしてもいいわけで、集客の人と通話クロージングの人と分業してグループ内で協力することができる
  • ネット集客なので友達を誘う必要がない(SNSなどで誘える。)

がしかし、その反面

  • サポートが英語や中国語(もちろん日本のグループが訳している説明のページを作ったりしているからちゃんと見れる人は困ったりはしないし今時翻訳されたページを表示することができるからネットを使い慣れている人なら問題はない。ただ電話のときに喋れない人はグループでしゃべれる人にお願いする必要がでてくる。)
  • 海外の住所で登録するので、代行登録(だいたい香港の住所)になり、ちゃんと説明を聞かなかった人は退会まで代行してもらえると思い込んで退会したいときに代行してもらえず、被害にあった!と思われてしまう。(退会処理は各自できます。簡単なのですが、代行登録の時点で全て人任せな人も多くわからない、そして調べる習慣もなく自分ではどうしようもないという状況に陥ってしまう人もいます。そこにつけこんで教えてあげない人がいるので被害ともとられてしまうのでしょう)

という感じです。

 

実際にこんなことがありました

ワールドベンチャーズをやっていたときに実際に起こった問題や内情を少し。

まぁこれはワールドベンチャーズに限った話ではないことのほうが多いですけど。

報酬遅延問題

ワールドベンチャーズでは、報酬の支払日がしっかり決まっています。
報酬の種類に対して、翌週のいつ、とか翌月のいつ、とかですね。

それが、ウェブ上ではちゃんと入金されている表示になるのですが
そこから出金専用のカードに移して、コンビニATMなどで引き出せたりデビットカードのように買い物に使ったりできる仕様になっていて
その出金専用のカードに移されない、ということがありました。

なぜ、それが大きな問題にならなかったかって
そんなこと言ったら新規さん入らないし、まだ報酬対象でないメンバーにはわからないことだし、海外の会社だとときどきあることだし、まぁ会社が傾いているわけではないからそのうち入るだろう、という考えのもと
報酬対象であるメンバー間では色々と議論されてはいましたが、そうでない人には伝わっていなかったことです。

その後、無事に支払われました。

それがいつかというと、ワールドベンチャーズのイベント後に支払われることが数回あったので
イベントってやっぱり儲かるんですね。

グッズとかも売ってるし(なかなかセンスがいい)、そもそも参加するのにも結構お金かかるしですね。

コピペ飽和問題

コピペだけでも稼げますよ!
というのが売り文句だった時代には、まだコピペでいけていました。
ただ、自分で何も開拓できない人に対してコピペ以外の方法を伝授するのはサポートする側もかなり疲弊するわけです。

普通にネット集客コンサルになりますからね。
そんなことするなら30万は個人的にもらいたいですからね。

しかも、教えても「そんなに難しいことはできません」なんて言われた日にはもうコピペで数打って頑張ってもらうしかなくなってしまうわけですよ。

しかし、コピペする文章、そしてコピペする場所を全員が全員に同じことをいうと、
その場所が同じコピペで埋め尽くされてしまうことにもなるんです。

なのでこれは、連鎖すればするほど効力がなくなります。

※ただ、ネット集客自体はどんどん色んな媒体もできて年月が経つほどにしやすくなっているのでコピペにこだわらなければ全然集客はできますよ。コピペしかできない人は、なかなか稼げないのでネットでメンバーを集めたいと思ったらどういう風にやっていくかをちゃんと考えて行動できれば、この問題はクリアできます。

分業とは言え結局

集客できる人は、クロージング通話もできるし
クロージングできる人は、集客もできる。

できない人は、どちらもできない。

こういうふうに、はっきりと分かれていました。

この違いが何かっていうと
ビジネスを理解する気があったかどうかでしょうね。

ビジネスをするメンバーとして参加した時点で個人事業主ですので
それもわからないまま、雇われた感覚で指示を待つだけだったり、指示をしても、「それはできません」の人はやはり難しいです。

まぁわからなくはないです。
魅力的なSNSだったりを見て入ってきて、ビジネスを理解しろだなんて。
けど、そうやって自分が参加したいと思ったように、同じことを新規さんにしないと参加したいと思われないですよね。

ビジネス、というよりも
自分が受けられるサービスを覚えるだけ。と思う方が簡単です。
Tポイントをためて使うように、どうやって収入を得てどうやってサービスを活用するのか、です。

情報の流れ早すぎ問題

先ほどもチラッと言いましたが、
初期費用が変わったりします。

そういう変化に付いていけないと、新規さんに間違った情報をお伝えすることになってしまうので
ネットのみでできるとはいえ、メンバー間での情報共有は必要です。

リーダーがLINEグループで伝えたり、グループのサポートサイトなどで更新されたりしているはずです。

どうしてもMLMなので、ひとりでできるものではありません。

 

ワールドベンチャーズの被害としては

ここまでも、どういったケースが被害と受け取られやすいかは少し説明しましたが
実際にワールドベンチャーズ自体はあまり悪くはないんですよね。

一部、悪いとしたら報酬遅延くらいですかね。

それ以外は完全に、人と人との、メンバー間でのコミュニケーションで起こったことかと思います。

ありがちなケースをまとめると

  • 初期登録費用が実質無料!という触れ込みだったのに実際には自己アフィリなどの条件つきだった。
  • 退会も代行してもらえると思っていたのに、自分でしなくてはならずわからなくなってしまった。
  • アップラインが他のよろしくない案件をかぶせてきてセットで登録してしまった。
  • コピペだけと言われたのにコピペだけじゃなかなか稼げないだけでなくコピペの量が多い。

など、
自分の頭で考えられる人であれば被害とは言えないようなことばかりですが
やはり何もわからないままの初心者さんには難しいことかもしれません。

クロージングも無責任な人だと
すごく頑張った人の結果を、さも何もせずにできたような言い方をしますからね。

被害を受けないためにできること

自分の行動に責任をもって、人任せにしない。
自分の頭でも考える。

たしかに、アップラインの中には、悪いな~この人、と思うような人はいました。
やはり、そういう人が狙うのは寂し気な情弱です。
まぁこれはワールドベンチャーズの被害ではないですけどね、MLMにはときどきそういう人がいるんです。
人間ですから、普通の人間界と同じように、悪意をもって接してくる人がいるわけです。

こんなことを言われたら注意

  • 無料キャンペーンをやるから、代わりに払うためにメンバーのカード上限まで使おう!報酬が入ってから毎月返済していくよ。(これは成功するケースもありますが、入った人が辞めて行ったら報酬も止まるので注意してください。そもそもこうやってやるビジネスではないので、入りたい人には初期費用をちゃんと払わせましょう。払わない人で続けられた人なんてほとんどいません。)
  • 他のメンバーもやってるんだけど、こっちの案件も稼げるよ!(ワールドベンチャーズに入りたかったのに他のMLMまで勧めてきたら、どういうものなのか自分でもちゃんとチェックしてから考えましょう。本当に、自分の紹介者もそれをやっているのか?直のアップラインが知らないうちに勝手に他の人が勧めているケースがありました。)

 

結局、副業としてどうか

全然悪くないと思いますよ。
私個人の考えですけど、向いている人は向いているし
ワールドベンチャーズ自体はツアーもたくさんあって安いですし。

普通のビジネスと比べると初期費用も安いので
本当に頑張れるなら夢のあるビジネスだと思います。

全くの初心者で、どうやったら稼げるかを考えるとやはり
稼げている人の真似をすることです。
言われた事だけをするのではなく、真似をすることです。

まぁそんなこと言って、私はSRまででしたけどね。
「ワールドベンチャーズの問題」ではなく「アップライン悪の抑えが効かない問題」で苦情の対処に疲れて辞めました。

稼ぐ方法なら他にもたくさんありますからね。

 

外為オプションでド素人でもプロレベルに持ち上げる!動画解説